Ortho4XP

X-Plane の操作を快適にするソフトウエア
返信する
アバター
Sir.Jake
管理人
記事: 871
登録日時: 2017年10月04日(水) 10:24
お住まい: Japan(日本)
連絡する:

Ortho4XP

投稿記事 by Sir.Jake »

Github の Ortho4XP
https://github.com/oscarpilote/Ortho4XP

最新版・ドロップボックス
https://www.dropbox.com/sh/cjjwu92mauso ... x3cPa?dl=0

これで解決

Windows binary package for v130 2020年10月24日加筆


注1. Windowsユーザー:Notepad ++または同等の適切なエディターのみを使用してください
-------------------------------------------------- ------------------------------------------------------------------------ ----------------------
注意2:Windowsユーザー:これ以上読む必要はありません
バイナリWindowsバージョンをインストールしている場合は注意してください!
あなたの場合、実行可能ファイルはBinary / Ortho4XP_v130.exeであり、
推奨されるアクションは、どこかにショートカットを作成することです。の中に
Ortho4XPのメインディレクトリ(ただし、実行可能ファイルはその場所にとどまる必要があります)。
いつかPythonモジュールをインストールすることになった場合(より頻繁に
アップデートまたはバグ修正)、バイナリディレクトリはもう必要ありません。
-------------------------------------------------- ----------------------

次の手順は、スクリプトインストール用です。

ウィンドウズ
-------

1)www.python.orgからPython 3をダウンロードしてインストールします

Windows OS用に1つを選択するだけで、このケースではメリットがありません
あなたが困難になるかもしれないので、Pythonのかなり最新のバージョンをダウンロードしてください
さらにそのために既に構築されたモジュールを見つけるために。 2018年10月の時点で、
3.7の使用を推奨します。
プロセス中に「pip」(Pythonのパッケージ管理システム)であることを確認してください
に沿ってインストールされ、PATHからアクセス可能になります[チェックボックスがあります
このため、デフォルトではIS N'TがチェックされていないPythonインストールプロセス中に]。

2)https://www.lfd.uci.edu/~gohlke/pythonl ... をダウンロードします

Pyproj、Numpy、Gdal、Shapely、Rtree、Pillow(またはPillow-SIMD)

選択したPythonバージョンに対応するものを使用するよう注意してください
ステップ1)で、OSのnbrビット(32または64、私は64を推測しますが、いくつかのケースを除いてすべて)。
例として、上記のステップ1)でPython 3.7。*が選択されていて、
64ビットのウィンドウがあり、-cp37-および_amd64を持つこれらのファイルを選択します
ファイル名内。

custom_zlマップのジオティフビルド機能を使用するには、以下が必要です。
gdal_translateとgdalwarpを含むディレクトリを追加します(*** / python ** / lib / site-packages / osgeo /)
PATH変数に。

最後に、まだ持っていない場合:Visual Studio(2017)のビルドツールをダウンロードしてインストールします。
https://visualstudio.microsoft.com/fr/downloads/

3)コマンドウィンドウから連続して起動

pip install --upgrade pip [これがうまくいかない場合は、おそらく1)の最後のポイントを見逃していた]
pipインストールリクエスト
pip install *******.whl [ステップ2でダウンロードした各ファイルを連続して********に置き換えます]

これで完了です。 Ortho4XPディレクトリでコマンドウィンドウを開きます(Githubから新たにダウンロード)
「python Ortho4XP_v130.py」を起動します。

OS X
----

1)ターミナルウィンドウで、パッケージマネージャーであるHomebrew(brew.sh)をインストールします。
/ usr / bin / ruby​​ -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homeb ... er/install)"

2)Ortho4XPフォルダーに移動します
cd / path / to / Ortho4XP

3)インストールスクリプトを実行します(最初に「chmod + x ./install_mac.sh」を実行する必要がある場合があります)
./install_mac.sh

4)Ortho4XPを起動します
python3 Ortho4XP_v130.py
アバター
Sir.Jake
管理人
記事: 871
登録日時: 2017年10月04日(水) 10:24
お住まい: Japan(日本)
連絡する:

Ortho4XP V130 覚え書き

投稿記事 by Sir.Jake »

Ortho4XP V120 からV130に乗換えると、しきたりの違いがあったので、メモ。

Patches フォルダの仕様が変わった。

パッチフォルダは、仕様が変わって 

コード: 全て選択

./Patches /+60+010 /+68+017/my.patch.osm
という仕様に変更されている。

https://forums.x-plane.org/index.php?/f ... nt-1454400
ortho4xp_130_patching1.png
ortho4xp_130_patching.png
アバター
Sir.Jake
管理人
記事: 871
登録日時: 2017年10月04日(水) 10:24
お住まい: Japan(日本)
連絡する:

Re: Ortho4XP

投稿記事 by Sir.Jake »

ortho4cp_base_folder.jpg
Base Folder: は、Ortho4XPが生成したタイルを出力する場所を指定する。
返信する