Airport Navigator Plugin

X-Plane の操作を快適にするソフトウエア
返信する
アバター
Sir.Jake
管理人
記事: 871
登録日時: 2017年10月04日(水) 10:24
お住まい: Japan(日本)
連絡する:

Airport Navigator Plugin

投稿記事 by Sir.Jake »

Airport Navigator Plugin v1.4.7
https://forums.x-plane.org/index.php?/f ... or-plugin/

空港内の地図を表示
アバター
Sir.Jake
管理人
記事: 871
登録日時: 2017年10月04日(水) 10:24
お住まい: Japan(日本)
連絡する:

Re: Airport Navigator Plugin

投稿記事 by Sir.Jake »

https://forums.x-plane.org/index.php?/f ... or-plugin/

空港地図

空港ナビゲーター
X-Plane Flight Simulator用のプラグイン
バージョン1.4.9はX-Plane 9、10および11用です。
Airport Navigatorプラグインは、X-Plane画面に次の情報を重ねて表示します。
•選択した空港のICAOとその高度(中央が白)
•滑走路とヘリパッド(青)
•誘導路、エプロン(黄色)
•ランプ開始位置(緑色)+オプションのランプ名(白色)
•誘導路ネットワーク(マゼンタ)+オプションの誘導路名(白)
•別々のオーバーレイでのオプションの無線周波数とILS周波数
•そして最も重要なこと:あなたの航空機とそれは空港からの相対的な方向(赤)

Airport-Nav-Manual v1.4.bmp
Airport-Nav-Manual v1.4.bmp (2.59 MiB) 閲覧された回数 4669 回

写真は850 apt.datの形式の空港です。

また、古い810フォーマットでレイアウトをロードして表示しますが、誘導路/エプロンは多数の小さな長方形で構成されているため、見栄えはよくありません。

ホットキーはX-Planesに組み込まれているHotkeyAdminを使って設定でき、設定は終了しても保存されます。

地図表示の位置、ズーム倍率/サイズ、および背景は航空機ごとに個別に設定でき、新しい航空機がロードされたときに保存されます。

インストール
インストールするには、Airport-Navigatorフォルダ全体をX-Planeインストールの "plugins"フォルダに入れます。
これだけです。

使い方
プラグインはX-Planeの起動中に初期化されます。

プラグインがX-Plane apt.datとすべてのカスタムシーンをスキャンして利用可能なすべての空港のリストを取得している間、画面にしばらくの間次のようなメッセージが表示されます。

これは数秒から1分かかることがあります、それはカスタムシーンの数に依存しますそしておそらくあなたのハードドライブの速度にさらにもっと依存します。
X-Planeがその間応答していないように見えるかもしれません、辛抱してください。
Airport-Nav-Manual v1.4_1.bmp
Airport-Nav-Manual v1.4_1.bmp (996.05 KiB) 閲覧された回数 4668 回
ロード中、プラグインはいくつかの進捗情報をLog.txtファイルに書き込みます。
X-Planeが起動すると、 "Plugins"メニューにエントリが見つかります。
Airport-Nav-Manual v1.4_2.bmp
Airport-Nav-Manual v1.4_2.bmp (108.89 KiB) 閲覧された回数 4667 回
プラグインコントロール
主な制御方法はホットキーです。
一部の機能、主にスイッチはプラグインメニューからのみ利用可能です。
ジョイスティックとキーボードの設定からコマンドをマッピングすることもできます。

ホットキー
Ctrl + Shift + M    地図表示のオン/オフを切り替える
Ctrl + Shift + PageUp  ズームイン
Ctrl + Shift + PageDn  ズームアウト
Ctrl + Shift + End   リセットズーム
Ctrl + Shift + Home  地図の中央揃え

Ctrl + Shift + Left   地図を移動する
Ctrl + Shift + Right     々
Ctrl + Shift + Up      々
Ctrl + Shift + Down     々

Ctrl + Shift + A    周波数の切り替え
Ctrl + Shift + R    ランプ情報の切り替え
Ctrl + Shift + T    誘導路情報の切り替え


プラグインアドミンホットキー設定画面でホットキーを再マップすることができます。
Airport-Nav-Manual v1.4_3.bmp
Airport-Nav-Manual v1.4_3.bmp (506.3 KiB) 閲覧された回数 4665 回
Airport-Nav-Manual v1.4_4.bmp
Airport-Nav-Manual v1.4_4.bmp (87.8 KiB) 閲覧された回数 4664 回
プラグインメニュー
X-Planeが起動した直後のPluginメニューは次のようになります。
地図は表示されず、モードは "最寄りの空港"、追跡はオフです。
このメニューを使用して、地図を表示または非表示にします(ホットキーと同じ)。
このメニューを使用して、マップをFMSの目的地、ICAO、または最も近い空港に切り替えます。

Airport-Nav-Manual v1.4_5.bmp
Airport-Nav-Manual v1.4_5.bmp (23.49 KiB) 閲覧された回数 4663 回
「ICAOを使用」は、近くにヘリコプター空港がある場合は、特定の空港にマップを固定するために必要な空港にあります。
Airport-Nav-Manual v1.4_6.bmp
Airport-Nav-Manual v1.4_6.bmp (85.42 KiB) 閲覧された回数 4663 回
トラックプレーンはトラッキングをオンまたはオフにするトグルです。
onに設定され、modeが "nearest"の場合、範囲内にあれば(最後の空港よりも近い)新しい空港を表示するように地図が継続的に更新されます。
次の3つのメニュー項目は、異なるスタイルを切り替えます。
背景色です。
あなたのニーズに最も合うものを選んでください。
背景の種類とサイズと位置は保存されます
航空機。
あなたはメニューからまたはホットキーを介して通信、ランプ&タクシーを切り替えることができます。

著者
Jens Ansorg(x-planeのansorg-web.de)

謝辞
The SDK開発者に感謝します。
SandyとJonathanがヘルプとヒントをコーディングしてくれました。
継続的なベータテストのためのx-plane.deからの人々。

ソースコード
プラグインコードはGPLで、http://svn2.assembla.com/svn/x-plane-apt-navで入手できます

ダウンロード
http://www.assembla.com/spaces/files/x-plane-apt-nav

履歴

1.4.9 - ゲート、ランプ、パーキング、エプロン、スタンドがある場合はそれらを削除して、混乱を軽減します。
1.4.8 - 無線周波数の調整を改善しました。
1.4.7 - 矢印キーの働きを修正しました。
1.4.6 - XP11.01b1の異常終了を修正
1.4.5 - 異常終了時の設定ファイルのパスの修正
1.4.4 - datarefコマンドを追加する
1.4.3 - XP11が地上サービスノードを表示しない
1.4.2 - 航空機をV字形として表示
1.4.1 - 頻度リストにILS情報を追加
1.4.0 - x-plane 11に準拠
1.3.9 - 地図上にILS周波数を表示
1.3.8 - 「use FMS departure」を削除し、「use ICAO」を追加しました
1.3.7 - 次の空港がヘリポートであることに起因する滑走路名の欠落を修正、例えばKRDU
1.3.6 - プラグインのロード時間を改善
1.3.5 - 利用可能な場合はscenery_packs.iniを読む
1.3.4 - 誘導路ネットワークを追加する
1.3.3 - apt.datからランプ情報を追加
1.3.2 - apt.datパーサに行コード1300(ランプスタート)を追加
1.3.1 - 周波数コードのクラッシュバグを修正
1.3.0 - 追加された周波数オーバーレイ、X-Plane 10 64bit
1.1.3 - 背景の修正、Heli空港の固定表示、その他の設定の保存
1.1.2 - Mac版の修正
1.1.0 - 設定の保存、Linuxの互換性修正
1.0.2 - 固定ICAOポジション
- 透明な背景用のメニュー切り替えを追加
1.0.1 - 最初の一般公開
返信する