ATC Taxi Route Authoring

返信する
アバター
Sir.Jake
管理人
記事: 871
登録日時: 2017年10月04日(水) 10:24
お住まい: Japan(日本)
連絡する:

ATC Taxi Route Authoring

投稿記事 by Sir.Jake »

ATC Taxi Route Authoring

ATCタクシールートオーサリング

Last updated March 29, 2019
最終更新日 2019年3月29日

【基本】

ATCタクシールートは、空港周辺のナビゲーションガイダンスを提供するためにX-Plane ATCが使用します。

ATCはタクシールート以外のいかなる情報も使用しません。

コンクリートとアスファルトが実際にどこにあるかにはお構いなく、タクシールートがどこに設定されているかだけにしたがいます。

WED(ワールドエディタ)でのATCタクシールートオーサリング


タクシールートは線分の集まりです。 各誘導路セグメントは次のように定義できます。
- 一方通行
- 滑走路上
- 出発/到着ホットゾーン
- ILS精密エリア
- サイズ制限

タクシーのルートが正しく機能するためには、いくつかのことが常に当てはまる必要があります。

- タクシールートセグメントは、共通のノードで接続されていない限り、互いに交差できません。 2つの交差するタクシールートセグメントが重なる場所にノードを配置することで、WEDはこれを自動的に防止します。

- タクシールートの全グリッドが接続されている必要があります - いずれかのルートから他のルートへの連続したパスがあるはずです。 (これは、現実世界にそういう空港があったとしても、互いに独立したタクシールートを持つ空港を作成できないことを意味します。)

- 航空機が滑走路から出入りできるように、全滑走路にはタクシールートが必要です。

node_example-1.jpg

ATCの[タクシー+フロー]タブで表示されるセグメントは色分けされており、各セグメントに割り当てられているプロパティがすぐにわかります。
wed_color_coding-1.jpg
基本タクシールートセグメント

定義できる最も基本的なタクシールートセグメントは、空港を囲む舗装路上の誘導路です。 通常、これらは空港周辺の航空機を案内する線のマーキングの上に描かれています。 それらはマップペインで黄色で色分けされているノードとセグメントの集合です。

これらのセグメントは通常、実世界の路線と一致するように命名されています。 ゲートラインに沿った非常に小さいコネクタおよびルートの場合は、名前を空白のままにすることができます。 飛行機が常に一方向にしか使用しない場合、それらは一方向ルートとして定義することもできます。

新しいタクシールートを作成するには、タクシールートツールを選択してツールバーの名前とその他のプロパティを設定し、マップペイン内をクリックしてタクシールートセグメントを配置します。 タクシールートツールはベジェ曲線をサポートしていないため、曲線を近似するために短いセグメントを使用します。

新しいタクシールートを作成中に既存のタクシールートセグメントを横断すると、WEDは自動的に交差点にノードを挿入します。

滑走路タクシールートセグメント

滑走路タクシールートは、滑走路ドロップダウンメニューから適切な滑走路を選択することによって定義されます。 「名前」、「出発」、「到着」、および「ILS精密区域」の各フィールドは、すべてWEDによって自動的に設定されます。滑走路セグメントは通常WEDマップペインでは青く色分けされていますが、紫色の場合もあります - その滑走路の一部が他の滑走路のホットゾーンでもある場合(ホットゾーンについては下記を参照)。

すべての滑走路タクシーの場合:
- タクシールートノードは滑走路の境界内になければなりません。滑走路の端を過ぎた小さなオーバーフローゾーンのみが許可されます。
- タクシーのルートは滑走路の中心線と平行でできるだけ近くにある必要があります。
- 滑走路はタクシールートで十分に覆われていなければならない。これには、移動したしきい値が含まれますが、ブラストパッドは含まれません。
- 基本セクションで説明したように、すべての滑走路タクシールートがタクシールートの残りの部分に正しく接続されている必要があります。

滑走路セグメントの「サイズ」プロパティは、X平面内ではまったく機能しません。

ホットゾーン

ホットゾーンは、衝突や滑走路への侵入の危険性がある空港上の場所で、パイロットや運転者の注意を引く必要がある場所です。通常、滑走路に最も近い誘導路のセグメント、または滑走路が重なっている場所では、ホットゾーンは赤または紫色(横断時または滑走路上)にマップペインで色分けされています。

実際の空港の停止線(ホールドショートライン)内のすべてのタクシールートセグメントは、ホットゾーンとしてマークされるべきです。ホットゾーンが存在すると、AI機はこれらの停止線(ホールドショートライン)で正しく停止します。

現実世界の空港で滑走路の片側に停止線(ホールドショートライン)がない場合(これはまれですが、場合によっては起こることがあります)、それでも航空機が停止する必要がある場所にホットゾーンをマークする必要があります。

滑走路にもホットゾーンが必要です。 2つの滑走路が交差するときは、それぞれの滑走路の交差点の近くにホットゾーンをマークする必要があります。滑走路に実際の陸上ショートマーク(LAHSO)ラインがある場合、これはホットゾーンを開始するのに適した場所です。ホットゾーンは、滑走路が停止している(そして滑走路として使用されている)ときに使用され、滑走路から離陸している着陸航空機と交差する到着および出発との間の衝突を検出するためにも使用される。
hot_zone_KOJC-1.jpg
ILSプレシジョンエリア

ILSのクリティカルゾーンとは、ナビゲーションエラーや事故の原因となる信号の干渉や減衰から保護するために、1つ以上のInstrument Landing Systemが使用されているときにすべての物理的障害物を避けなければならない空港の指定区域です。 ILSクリティカルゾーンは、WEDマップペインでオレンジ色に色分けされています。

タクシールートサイズ

各タクシー路線セグメントにはサイズ文字があり、指定されたサイズよりも大きい航空機によるそのセグメントの使用は制限されています。サイズは、X-Planeの航空機の翼幅によってのみ異なり、ICAOの航空機サイズの分類と同じです。

サイズ翼幅の例

A <15m C172、B58

B <24mキングエアーC90

C <36m B737、A320、MD-80

D <52m B767、A310、MD-10

E <65m B777、B747、A340

F <80m A380

これは特大の航空機が近くの景色の物体に自分の翼を目に見えるように当たらないようにするのに役立ちますが、正当な理由がないために小さいサイズを指定しないように注意しなければなりません。特定の空港にタクシーまたは存在する可能性がある航空機の最大サイズは、その空港で開始するランプのいずれかで指定された最大サイズのタクシールートサイズと滑走路サイズの制限によって制限されます。ランプスタートからその滑走路までの幅がその航空機に対応するのに十分な幅がない場合、ATCシステムは完全に停止する可能性があります。

タクシールートの障害物

AI(タイダウンまたはゲートタイプ)で使用できるランプスタート位置がタクシールート上または近くにある場合も、同様の「永遠に立ち往生」する状況が発生する可能性があります。 ATCの路線計画では、そのような障害物を事前に確認することはなく、滑走路までの最短経路が、駐機中の航空機によって妨げられている経路に沿って移動すると、AIトラフィックは無限に停止します。

検証

WED 1.5(およびそれ以降)は、空港のATCタクシールートが正確かつ正しいものであることを確認するための検証項目が増えました。

ATC滑走路の使用規則が指定されていない場合は、すべての滑走路が検査されます。 それ以外の場合、同じ名前の滑走路タクシールートが少なくとも1つある滑走路使用規則に記載されている滑走路のみが検証中にチェックされます。

検証が失敗した後、WTCはATCタクシールートがホットゾーンを必要とする境界を紫色で表示します。

最後のヒント

経験則としては、「マイクロ管理」タクシールートを避けることです。 ATCおよび地上車両ルートは、必要に応じてビルトインロジックが最終目的地に車両を誘導できるように、目的地に十分近い交通量にすることを目的としています。 一般的にX-Planeは、航空機が行きたい場所からもっともらしくない、時代遅れの、またはめったに使用されないルートを見分けることができないため、優先ルートのみを指定します。

最良の、最も現実的な結果を得るために、航空機がタクシーネットワークとランプスタートの間を移動する余地があるように、タクシールートをランプスタートに直接接続することは避けてください

可能な限り少ないセグメントを使用して、目的の安全なタクシールートのみを指定します。 タクシーのルートは、ルート全体の障害物をチェックせずに決定されます。ルートのすぐ隣のセグメントだけが事前にチェックされ、航空機が動けなくなっても再ルーティングされません。
返信する